光脱毛とレーザー脱毛

ここ数年で、脱毛サロンの店舗数は飛躍的に伸びました。ムダ毛の処理は、女性にとって悩みの種でありましたから、その脱毛が気軽に行えるということで、多くの女性が脱毛サロンを利用することになったのです。

脱毛サロンでの脱毛は、光脱毛が主流となります。この光脱毛ですが、脱毛したい部分に光を照射するというものです。光を照射することで、毛の生成組織である毛母細胞にダメージを与え、徐々にその働きを失わせていくという仕組みになっています。一方で、医療クリニックで行われているのがレーザー脱毛です。こちらは、仕組みとしては光脱毛と同じですが、その出力が違います。レーザー脱毛は医師が行う医療行為です。そのため、出力は強く、毛母細胞にダメージを与えるのではなく、完全に破壊してしまう施術となるのです。

レーザー脱毛はムダ毛そのものを生えなくする脱毛方法で、施術には医師が携わります。それに対し、光脱毛は出力が弱いため医師でなくても施術が行えますが、毛母細胞を弱らせ、毛の再生能力を鈍くするという方法です。それでも光脱毛は、全身脱毛の方法としては気軽で料金設定も低いため、多くの女性から支持を得ています。その上、光脱毛は痛みもなく、安全に脱毛したい人にはこちらがおすすめです。